おいしい鶏の代表「名古屋コーチン」は、明治維新で禄を失った尾張藩士、海部壮平・正秀兄弟の血のにじむような努力の結果から生み出された傑作です。
日本の近代養鶏史の第一ページを飾る国産実用品種第一号に認定された「名古屋コーチン」は、明治時代から昭和30年代までの養鶏産業の発展とともに活躍してきました。
しかしながら、昭和37年以降、外国鶏の輸入が始まると、「名古屋コーチン」は激減し、種の絶滅という大きな危機を迎えましたが、地鶏肉の生産という新たな展開からその危機を乗り越えて、再び活躍の場を取り戻しました。
現在では、全国の鶏の中で最も知名度が高いブランド地鶏として幅広く定着し、多くの人々から愛されています。

鶏肉用に飼育される名古屋コーチンの20週齢の体重は、雄で2.7〜3.0kg、雌で2.0〜2.4kgとなります。出荷される日齢はおおむね120〜150日ですが、オスの方がメスより早く出荷される傾向があります。
名古屋コーチンの肉質は弾力に富み、よくしまって歯ごたえがあり、「こく」のある旨みがあります。昔ながらの「かしわ肉」の味が楽しめます。

引用:(一社)名古屋コーチン協会資料
[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [2] 商品中 [1-2] 商品を表示しています

名古屋コーチンフランク 255g

1,129円(税込)

地鶏の王様「名古屋コーチン」使用のフランクフルトです。


名古屋コーチンウィンナー 150g

717円(税込)

地鶏の王様「名古屋コーチン」使用のウィンナー


全 [2] 商品中 [1-2] 商品を表示しています

Other page

Top